産経ニュース

中国軍、台湾・総統府の攻撃想定か 外観の似た建物で演習

ニュース 国際

記事詳細

更新


中国軍、台湾・総統府の攻撃想定か 外観の似た建物で演習

中国軍が軍事演習で台湾の総統府と外観がそっくりの建物を攻撃の標的にしたと報じた23日付の台湾各紙(共同)

 【台北=田中靖人】中国国営中央テレビが今月上旬、人民解放軍の演習の模様を報道した際、台湾の総統府に似た建物が映っていたことが判明し、台湾側が反発している。23日付の台湾各紙が報じた。

 問題となっているのは、中国北部の内モンゴル自治区の「朱日和戦術訓練基地」で行われた演習。5日の報道で、総統府に似た建物に向かう歩兵1人の映像が一瞬、映った。映像は、ネット上で拡散している。

 21日付の人民解放軍の機関紙、解放軍報(電子版)は、北京軍区の部隊が同じ場所で行った対抗演習で、敵首脳部への急襲を意味する「斬首行動を成功裏に実施した」と伝えた。台湾の武力統一を念頭に、特殊部隊による総統府の制圧を想定しているとみられる。

「ニュース」のランキング