産経ニュース

印高速鉄道、日本の新幹線技術を推奨 共同事業性調査、ムンバイ-アーメダバードを2時間7分

ニュース 国際

記事詳細

更新


印高速鉄道、日本の新幹線技術を推奨 共同事業性調査、ムンバイ-アーメダバードを2時間7分

 【ニューデリー=岩田智雄】日印両政府は20日、インド西部のムンバイ-アーメダバード間を結ぶ高速鉄道計画について、共同事業性調査結果をまとめた。内容は非公開だが、日本政府の説明によれば日本の新幹線技術を推奨している。輸出に向けて前進したといえそうだ。

 調査では、東京-新大阪間よりやや短い505.8キロを最高時速320キロ、最短2時間7分で結ぶとした。現行の在来線特急(約7時間)に比べ大幅に短縮される。各駅停車の場合、停車駅は12駅。日本の新幹線が採用する、客車を動力車とする「動力分散方式」や、日本式の信号システムの採用を勧めている。

 建設期間を2017~23年と設定し、総事業費は9800億ルピー(約1兆9千億円)を見込む。23年の開業時の運賃は2300ルピー(約4500円)と想定した。在来線1等車の1.5倍、標準的な航空運賃の約半分にあたる。当初は営業黒字を望めないが、一定の需要が見込めると判断した。開業13年目の36年に黒字化する見通しだとしている。

「ニュース」のランキング