産経ニュース

シー・シェパード、北欧で妨害活動を活発化 デンマークに漁妨害船3隻 ノルウェー輸送船も妨害

ニュース 国際

記事詳細

更新


シー・シェパード、北欧で妨害活動を活発化 デンマークに漁妨害船3隻 ノルウェー輸送船も妨害

デンマーク・フェロー諸島で行われている追い込み漁。シー・シェパードが妨害活動を行っている=7月(地元住民提供)

 反捕鯨団体シー・シェパード(SS)が、北欧の捕鯨国で活動を活発化させている。デンマークのフェロー諸島では海から追い込み漁を妨害するため、今年初めて船3隻を派遣する。ノルウェーではアイスランド産鯨肉を日本に輸送する船への妨害を企てた。現地では罰則強化など対策の動きもあり、日本の関係当局も状況を注視している。(佐々木正明)

 SSは今春、北欧での反捕鯨キャンペーン強化を宣言した。創設者で国際指名手配されているポール・ワトソン容疑者が昨年夏からフランスに滞在しており、欧州で組織固めを進めていることが背景にある。

 SSはこれまでも毎年、フェロー諸島で伝統の追い込み漁が始まる6月ごろに活動家を派遣してきた。昨年は約500人が活動に参加し、イルカ捕獲の邪魔をするなどの違法行為で14人が逮捕されている。

 今年はオランダ船籍の妨害船など2隻を周辺海域に派遣。今後、もう1隻派遣する予定だ。島内にも数十人の活動家が滞在しているとみられ、警察当局とのにらみ合いが続いている。

このニュースの写真

  • シー・シェパード、北欧で妨害活動を活発化 デンマークに漁妨害船3隻 ノルウェー輸送船も妨害

「ニュース」のランキング