産経ニュース

プーチン大統領と習近平主席が「連携」確認 ロシアで中露首脳会談

ニュース 国際

記事詳細

更新


プーチン大統領と習近平主席が「連携」確認 ロシアで中露首脳会談

8日、ロシア中部ウファで会談したプーチン大統領(右)と中国の習近平国家主席(AP)

 【ウファ=黒川信雄】ロシアのプーチン大統領は8日、新興5カ国(BRICS)首脳会議に出席するため、同国中部ウファを訪れた中国の習近平国家主席と会談した。

 プーチン氏は会談の冒頭で習氏の訪問を歓迎する一方、ロシアが国際政治と経済の両面で困難に直面していることを「明確に自覚している」と述べ、習氏に「われわれが力を合わせれば、すべての問題を乗り越えられる」と呼びかけ、中国側の協力を強く求めた。

 これに対し習氏は、ロシア側の歓迎に謝意を述べつつ、自らが出席したモスクワでの対ドイツ戦勝70周年記念式典に言及し、「中国国民が、あの戦争で何があったのかを知ることができた」と指摘。プーチン氏が中国側の「抗日戦争勝利記念日」に合わせ、9月に訪中することに重ねて期待を表明した。

 習氏は9日からウファで開催される上海協力機構(SCO)首脳会議にも出席する。SCO首脳会議では、第二次世界大戦終結70年をふまえて宣言が出される予定で、歴史問題で日本を批判する中国の意向を強く反映した内容になる可能性がある。

 両首脳は8日の会談で、6月末に設立協定の署名式が行われた中国主導のアジアインフラ投資銀行(AIIB)と、ロシアが主導して1月に発足した「ユーラシア経済連合」の連携についても話し合ったとみられる。両氏は9日にも、モンゴルのエルベグドルジ大統領とともに3カ国首脳会談を行う予定。

 BRICS首脳会議は8日夜、各国首脳による夕食会で開幕。9日には経済分野での連携強化などを軸にした声明を発表する予定。

「ニュース」のランキング