産経ニュース

ギリシャ、国民投票強行の構え 「われわれは拒否せねばならない」と首相 ユーロ圏、資金規正措置を導入へ

ニュース 国際

記事詳細

更新


ギリシャ、国民投票強行の構え 「われわれは拒否せねばならない」と首相 ユーロ圏、資金規正措置を導入へ

 【ベルリン=宮下日出男】欧州連合(EU)の対ギリシャ金融支援問題で、同国の国会(定数300)は28日未明、EU側が支援条件に求める財政再建策に対する賛否を問う国民投票を7月5日に実施することを承認した。一方、ユーロ圏財務相会合は27日夜、30日に現行支援の枠組みが切れるのに伴い、ギリシャに資本規制の導入を促した。

 ギリシャ国会による国民投票実施の承認には定数の過半数(151議席)の支持が必要。AP通信によると、採決では賛成が178票に上り、反対120票、2人が棄権した。チプラス首相の急進左派連合など連立与党のほか、野党の一部も支持に回った。

 チプラス氏は採決に先だち、「尊厳を放棄するよう求められたが、われわれは拒否せねばならない」と述べ、財政緊縮策を求めるEU側の再建策に国民投票で反対するよう有権者に促した。ギリシャ側は27日の財務相会合で支援枠組みの延長を拒否されたが、国民投票を強行する構えだ。

「ニュース」のランキング