産経ニュース

中国 6兆円新ファンドを設定 インフラ投資で日本に対抗

ニュース 国際

記事詳細

更新


中国 6兆円新ファンドを設定 インフラ投資で日本に対抗

 【上海=河崎真澄】中国がアジア広域のインフラ建設に向け、総額3千億元(約6兆円)の投資ファンド設定を決めた。29日に北京で設立協定署名式が行われる資本金1千億ドル(約12兆4千億円)のアジアインフラ投資銀行(AIIB)と、昨年12月に400億ドルで設立された中国独自のシルクロード基金に続く資金母体だ。日本政府は5月、アジア開発銀行(ADB)と連携し、今後5年間に1100億ドルのインフラ投資を行う構想を打ち出した。中国は圧倒的な資金量で、日本に対抗する狙いだ。

 鉄道や発電所など、アジアのインフラ建設に伴う資金需要は、今後10年間で8兆ドルに上るとされる。新シルクロード経済圏構想「一帯一路」を打ち出す習近平指導部は、この需要に対する資金供給と建設受注、資機材輸出などに照準を合わせ、関与を強めている。

 新たに設立が決まった資金母体は、保険管理当局が中国の保険会社から資金を吸い上げ、3千億元の投資ファンドとして国内外のインフラ建設に回す方針だ。海外向けにも人民元建てで投融資を行う可能性があり、人民元の国際化戦略ともリンクするとみられる。

「ニュース」のランキング