産経ニュース

チンパンジーにも人権があるのか?米NY裁判所で“不当拘束”訴え クジラ、イルカ問題への波及も…

ニュース 国際

記事詳細

更新


チンパンジーにも人権があるのか?米NY裁判所で“不当拘束”訴え クジラ、イルカ問題への波及も…

スプーンを使って食事するチンパンジー。知性の高さが研究で証明されている(ロイター)

 近代以降、人間社会と狩りの対象に過ぎなかった動物との関係は急速に変貌をとげている。食用や生活用に捕獲された野生動物は環境の悪化や乱獲により、絶滅種も増えた。さらにペット文化が発展することで近年、動物たちに優しく接する「動物の福祉」や「動物の権利」論の運動も盛んになってきた。

 和歌山県太地町の追い込みイルカ漁に反対するため、漁師たちに悪質な嫌がらせを行うシー・シェパードの活動家らは「イルカは賢い動物だから殺してはいけない」と話している。過激な活動には、こうした動物愛護運動の高まりが背景にあると言えそうだ。

このニュースの写真

  • チンパンジーにも人権があるのか?米NY裁判所で“不当拘束”訴え クジラ、イルカ問題への波及も…
  • チンパンジーにも人権があるのか?米NY裁判所で“不当拘束”訴え クジラ、イルカ問題への波及も…
  • チンパンジーにも人権があるのか?米NY裁判所で“不当拘束”訴え クジラ、イルカ問題への波及も…

「ニュース」のランキング