産経ニュース

チンパンジーにも人権があるのか?米NY裁判所で“不当拘束”訴え クジラ、イルカ問題への波及も…

ニュース 国際

記事詳細

更新


チンパンジーにも人権があるのか?米NY裁判所で“不当拘束”訴え クジラ、イルカ問題への波及も…

スプーンを使って食事するチンパンジー。知性の高さが研究で証明されている(ロイター)

 一方、人類の歴史でもかつて黒人奴隷は、資本家の「所有物」として扱われていた。近代になって奴隷解放運動が沸き上がり、資本家や権力者たちとの闘争の結果、黒人にも基本的人権が認められた。

 権力者の不当な拘束から身を守る人身保護法は、人間の生きる権利を保障する歴史的経緯の末に生まれた法律であり、ゆえに、人間に極めて近い動物たちもこの法律が適用され、不当な拘束から解放されるべきだというのだ。

 ワイズ氏は法廷で、ヘラクレスとレオは、研究という人間側の身勝手な理由で閉じ込められた「奴隷」と一緒だとし、「人身保護法は人間を守るための法律ではなく、生き物の自主性を守るための法律なのだ」と証言した。

 チンパンジーを使った研究はこれまで医学の発展に大きな貢献を果たしてきた。裁判で、大学側の弁護団は、チンパンジーには人間に与えられるような権利はなく、大学が所有する動物に過ぎないと主張した。もし、チンパンジーに人身保護法の権利が適用されるなら、「悪い前例」となり、今後、動物園や研究機関で飼育されている動物たち、農場の家畜やペットなどにもこの権利が拡大されかねないと反論し、「予期せぬ結末を引き起こす」と強調した。

 米メディアによると、裁判では「ノンヒューマン・ライツ・プロジェクト」側の主張が認められる可能性は極めて小さいとの見方が支配的だ。しかし、ある専門家は「この訴訟は法律の問題ではなく、人間とすべての動物との関係を考えさせる啓蒙的な裁判なのだ」とその意義を強調している。

このニュースの写真

  • チンパンジーにも人権があるのか?米NY裁判所で“不当拘束”訴え クジラ、イルカ問題への波及も…
  • チンパンジーにも人権があるのか?米NY裁判所で“不当拘束”訴え クジラ、イルカ問題への波及も…
  • チンパンジーにも人権があるのか?米NY裁判所で“不当拘束”訴え クジラ、イルカ問題への波及も…

「ニュース」のランキング