産経ニュース

チンパンジーにも人権があるのか?米NY裁判所で“不当拘束”訴え クジラ、イルカ問題への波及も…

ニュース 国際

記事詳細

更新


チンパンジーにも人権があるのか?米NY裁判所で“不当拘束”訴え クジラ、イルカ問題への波及も…

スプーンを使って食事するチンパンジー。知性の高さが研究で証明されている(ロイター)

 5月27日に行われた初めての審理では、大勢の地元メディアの記者が集まり、米国社会での注目の高さをうかがわせた。世論調査の結果、米国市民の約33%は「動物たちは人間と同等の権利を持つ」という見解を支持しているという。

 2匹のチンパンジー「ヘラクレス」と「レオ」は、世界的な研究機関として知られるニューヨーク州立大学ストーニーブルック校で解剖学的研究目的で飼育されている。4月に、裁判所の判事が2匹に対して原告としての資格があることを認め、歴史的な裁判が開かれることが決まった。

 この市民団体代表で弁護士でもあるスティーブン・ワイズ氏は、言葉を話せないチンパンジーの代わりに代理人となって、裁判に出席した。チンパンジーにも自由に生きる権利があるとして、檻から出して、フロリダ州にあるチンパンジーの保護区へと移送すべきと訴えた。

 チンパンジーにも「人権」がある-。こうした市民団体の主張は、多くの人々の一般常識からすれば奇抜に思えるかもしれないが、極めて論理だっている。

 チンパンジーは言語能力を有していないが、裁判では言葉が話せない障害者や乳幼児も訴える権利が認められている。さらに、これまでの研究成果で、チンパンジーは自意識や自律性を有し、複雑に物事を認識できる能力もあることが証明されている。

このニュースの写真

  • チンパンジーにも人権があるのか?米NY裁判所で“不当拘束”訴え クジラ、イルカ問題への波及も…
  • チンパンジーにも人権があるのか?米NY裁判所で“不当拘束”訴え クジラ、イルカ問題への波及も…
  • チンパンジーにも人権があるのか?米NY裁判所で“不当拘束”訴え クジラ、イルカ問題への波及も…

「ニュース」のランキング