産経ニュース

太陽敬意ポーズは「アッラー崇拝に反する」 ヨガの日イベントにイスラム教徒反発

ニュース 国際

記事詳細

更新


太陽敬意ポーズは「アッラー崇拝に反する」 ヨガの日イベントにイスラム教徒反発

 【ニューデリー=岩田智雄】インドのモディ政権が6月21日に初めて実施する「国際ヨガの日」のイベントに、イスラム教団体が反発している。ヨガの中でヒンズー教徒が神として崇拝する太陽に対し、敬意を示すポーズをとる場合があるからだ。ヒンズー至上主義の与党、インド人民党(BJP)議員からはイスラム教徒を攻撃する発言が飛び出し、火に油を注いだ。 

 「国際ヨガの日」はモディ首相がインド文化発信のために考案し、日本を含む170カ国余が共同提案国となり国連が昨年12月に制定した。当日は、各地でヨガが実演され、首都ニューデリーでは3万5千人が参加する予定という。

 ところが、イスラム保守団体「全インド・イスラム教徒属人法会議」がこれに不満を表明。太陽の神に敬意を払う「スーリヤ・ナマスカ」のポーズについて、「(唯一神アッラーを崇拝する)イスラムに反する。学校などで強制すべきではない」として、抗議運動を行うことや最高裁に提訴する考えがあると発表した。

 インドでは国民の8割を占めるヒンズー教徒に次いでイスラム教徒が多い。政府は当日のヨガも太陽への敬意も「強制ではない」と説明し、イスラム教徒の不満を抑えようと必死だ。

 その最中、BJP有力議員がスーリヤ・ナマスカに反対する人々について「海で溺れるか、暗い独房にいろ」と暴言を吐き、反発に拍車をかけた。スワラジ外相が9日の記者会見で発言を非難するなど、政府は事態の収拾に追われている。

「ニュース」のランキング