産経ニュース

【韓国MERS感染】国民の4割が「朴大統領の責任」 お粗末対応に高まる不信感

ニュース 国際

記事詳細

更新

【韓国MERS感染】
国民の4割が「朴大統領の責任」 お粗末対応に高まる不信感

陸軍訓練所の入所を前にマスク姿で発熱検査を受ける訓練兵 (聯合=共同)

 韓国で猛威をふるう中東呼吸器症候群(MERS)コロナウイルスの勢いが収まらない。感染者は死者9人を含む計108人、医療施設や自宅での隔離対象者は2500人を超えた。感染の疑いがあり自宅隔離対象とされた医師らがフィリピンに出国していたことも判明。ずさんな防疫体制があらわになるなか、韓国内では事態を悪化させた元凶として朴槿恵(パク・クネ)大統領の責任を問う声も上がっている。(夕刊フジ)

 収束の気配をみせないMERS禍の拡散阻止に向けて世界も動き出した。世界保健機関(WHO)と韓国政府の合同調査団は9日、文亨杓(ムン・ヒョンピョ)保健福祉相と会談。調査方針などを説明した上で活動を開始し、13日に調査結果を発表する。

 調査団はWHOのフクダ事務局長補とソウル大医学部の医師が共同団長で、計16人で構成。感染者が出た医療機関を訪れてウイルスの特性を分析するなどの調査を行う。

 一方、MERSをめぐって不手際を連発している韓国の保健当局が、またもやお粗末な対応をしていたことが分かった。

「ニュース」のランキング