産経ニュース

【世界の議論】全米中が大騒ぎ…飛行中の旅客機 客席から「エンジン操った」の仰天 FBIがハッキングで男性捜査

ニュース 国際

記事詳細

更新

【世界の議論】
全米中が大騒ぎ…飛行中の旅客機 客席から「エンジン操った」の仰天 FBIがハッキングで男性捜査

FBIに拘束されたクリス・ロバーツ氏は、こうした機内の座席の下にある電子ボックスに接続してハッキングしたとされる(AP)

 ツイッターで米ユナイテッド航空の旅客機の制御システムに不正アクセスすると、つぶやいたことで米連邦捜査局(FBI)に拘束された男性が、調べに対し、過去にさまざまな旅客機で実に15~20回も不正アクセスを行い、娯楽システムから飛行制御システムに侵入して旅客機のエンジンを簡単に操作できたなどと語っていたことが分かった。

 当人は「航空機のセキュリティーを向上させたかった」としているが、身勝手ともいえる主張にFBIはカンカン。さらには、この騒動に航空機メーカーも参戦。「娯楽システムから飛行制御システムに侵入することはできない」と反論するなど、全米中が大騒ぎになっている。

「酸素マスク下ろそうか」

 17日付の米CBSテレビや米CNNテレビ、英紙インディペンデント(いずれも電子版)などによると、この男性は、著名なサイバーセキュリティーコンサルタントのクリス・ロバーツ氏。米コロラド州デンバーにあるセキュリティー調査会社の設立者兼最高技術責任者(CTO)でもある。

「ニュース」のランキング