産経ニュース

「大風呂敷広げても、結局続かないのが中国」 南米バラマキ歴訪の李首相に地元酷評

ニュース 国際

記事詳細

更新


「大風呂敷広げても、結局続かないのが中国」 南米バラマキ歴訪の李首相に地元酷評

南米をバラマキ行脚した中国の李克強首相(ロイター)

南米大陸横断鉄道「実現ない」

 南米諸国を歴訪した中国の李克強首相に、地元メディアなどから警戒感をかきたてる声が上がっている。大盤振る舞いの末、熱烈に売り込んだブラジルとペルーを結ぶ南米大陸横断鉄道についても、「計画が完成するチャンスはまったくない」(運輸関係の専門家)と酷評される始末だ。軍事的拡張を進めて警戒されているアジアに続き、南米でも覇権を強めようとする姿勢が不信感を増幅させているようだ。(夕刊フジ

 李氏は18日から26日にかけて、ブラジル、コロンビア、ペルー、チリを歴訪した。最初の訪問国ブラジルで、いきなり総額530億ドル(約6兆4000億円)もの巨額投資をブチ上げるなど、各国とインフラ設備の強化などで合意した。

 経済低迷に悩まされているブラジルでは、「李氏は(政府などから)救世主のように迎えられた」(エスタド・ジ・サンパウロ紙)と持ち上げられたが、実際には歓迎の声ばかりではない。

「ニュース」のランキング