産経ニュース

日韓、米韓の確執緩和 朴大統領訪米への地ならし ケリー長官の訪韓

ニュース 国際

記事詳細

更新


日韓、米韓の確執緩和 朴大統領訪米への地ならし ケリー長官の訪韓

共同記者会見を終え、握手するケリー米国務長官(左)と韓国の尹炳世外相=18日、ソウルの韓国外務省(共同)

 【ワシントン=青木伸行】ケリー米国務長官の韓国訪問は、先の安倍晋三首相の訪米を踏まえ、6月に予定される朴槿恵大統領の訪米に向けた地ならしのほか、韓国へのミサイル防衛(MD)システムの配備をめぐる米韓の“確執”を緩和することが目的だった。

 日韓関係についてオバマ政権は、安倍首相の訪米が先行したことで韓国側に不快感があり、再改定された「日米防衛協力のための指針」(ガイドライン)などに基づき、日本の軍事的な役割が強化、拡大されることに対する強い警戒感があることを熟知している。

 このためケリー長官を派遣して安倍首相訪米後の反動を押さえつつ、朴大統領訪米に道筋をつける必要があった。

 だが、米側が日韓関係を憂慮している間に、北朝鮮政策をめぐり米韓関係がぎくしゃくしてきた。米政府が望む弾道ミサイル迎撃システム「高高度防衛ミサイル」(THAAD)の韓国配備について、韓国側が中国の反発に遭い躊躇(ちゅうちょ)しているからだ。

「ニュース」のランキング