産経ニュース

【2016年米大統領選】ジェブ・ブッシュ氏がイラク戦争で「失言」 「大量破壊兵器がないと分かっていても進攻した」

ニュース 国際

記事詳細

更新

【2016年米大統領選】
ジェブ・ブッシュ氏がイラク戦争で「失言」 「大量破壊兵器がないと分かっていても進攻した」

 【ワシントン=加納宏幸】2016年米大統領選の共和党候補者指名争いで最有力視されるジェブ・ブッシュ元フロリダ州知事(62)が03年3月のイラク開戦に関する「失言」で釈明に追われている。大量破壊兵器があるとの間違った情報を基に開戦を決めた兄のジョージ・W・ブッシュ前大統領(68)の判断を追認し、他候補の批判の的になったためだ。

 ブッシュ元知事は11日に放映されたFOXニュースの番組で、イラクに大量破壊兵器が存在しないとの正確な情報が分かっていた場合でも進攻したかという質問に対し、「していただろう。(民主党最有力候補の)ヒラリー・クリントン前国務長官でもそうしていたはずだ」と語った。

 ブッシュ氏はこれまで、父のジョージ・H・W・ブッシュ元大統領や兄の実績を称賛しつつも「私は私だ」と一定の距離を置き、イラク戦争を「間違い」と認めていた。

 ブッシュ氏の11日の発言に関し、共和党で出馬表明したポール上院議員は「米国民はイラク戦争が間違いだったと思っている」と反論。クルーズ上院議員や出馬を検討しているクリスティー・ニュージャージー州知事も、現在知られている情報に基づけば、開戦しなかったと述べた。

「ニュース」のランキング