産経ニュース

台湾、日本食品の輸入規制強化始まる 約3カ月前後で品薄の恐れ

ニュース 国際

記事詳細

更新


台湾、日本食品の輸入規制強化始まる 約3カ月前後で品薄の恐れ

 今のところ台湾で日本食品を買い占めるなどの事態は起きていないが、地元メディアは、約3カ月前後で在庫が切れ、品薄になる恐れがあると指摘している。

 宇治茶の老舗「辻利」ブランドで台湾でカフェを展開する「高平摩志」の小佐野弾社長(31)は「輸入審査にかかる時間も読めず、心配だ」と話す。台北市内のすし店の板前男性(25)は「審査に対応できない小規模業者からの鮮魚の仕入れが止まった。台湾側がどの程度厳しく審査するのか分からない」と不安げに語った。

「ニュース」のランキング