産経ニュース

日韓経済人会議、韓国側から関係改善の声 景気低迷にあえぐ韓国の危機感

ニュース 国際

記事詳細

更新


日韓経済人会議、韓国側から関係改善の声 景気低迷にあえぐ韓国の危機感

日韓経済人会議を終え、共同記者会見する日韓経済協会の佐々木幹夫会長(右)と韓日経済協会の金●(=金へんに允)会長=14日、ソウル(共同)

 韓国経済に詳しい第一生命経済研究所の西浜徹主席エコノミストは「韓国の今年の経済成長率は、現時点で3・1%と見込むが、下方修正せざるを得ない。2%台となる公算は大きい」と説明する。

 韓国銀行(中央銀行)は4月、今年の経済成長率を3・4%から3・1%に下方修正した。その後、大手シンクタンクも2%台に見直すなど、韓国経済の伸び悩みは鮮明だ。

 日本総合研究所の向山英彦上席主任研究員は、韓国経済の低迷を「円安ウォン高と『チャイナショック』のためだ」と指摘した。中国企業は韓国企業を猛追しているが、「現政権は中国シフトを進めており、外需依存の構造は変わらない。経済再生に向けた打つ手は少ない」(西浜氏)のが実情だ。

 韓国経済界は、日本よりも速いペースで進む少子高齢化に応じた介護事業などで、共同事業に注目している。ただ、同事業は人材育成など、人的ノウハウが大きく「日韓関係の改善が共同事業化の前提」(向山氏)とされる。韓国側は関係改善に急ぐ。(ソウル 平尾孝)

「ニュース」のランキング