産経ニュース

日韓経済人会議、韓国側から関係改善の声 景気低迷にあえぐ韓国の危機感

ニュース 国際

記事詳細

更新


日韓経済人会議、韓国側から関係改善の声 景気低迷にあえぐ韓国の危機感

日韓経済人会議を終え、共同記者会見する日韓経済協会の佐々木幹夫会長(右)と韓日経済協会の金●(=金へんに允)会長=14日、ソウル(共同)

 14日に閉幕した日韓経済人会議では、韓国経済界から政治・外交面で日韓関係の改善を求める意見が相次いだ。関係改善や経済交流拡大を求める背景には、成長率低迷にあえぐ韓国の危機感がある。ウォン高による輸出競争力低下に加え、中国の経済減速が影響しているからだ。成長への道筋が見通せないなか、日本との連携強化で、経済活性化を図りたい、という韓国経済界の本音も垣間見える。

 「2月打ち切りの日韓通貨スワップを再開し、経済・金融分野が日韓関係改善の象徴となるべきだ」

 韓国経済界を代表する調査機関、韓国経済研究院前院長の盧成泰氏は、経済人会議でこうスピーチした。韓国が4月に実施した世論調査では、日韓首脳会談が必要だという意見が70%を占め、2月調査の55%から大きく上昇するなど、関係改善を求めるのは経済界だけにとどまらない。

 こうした変化には、韓国経済の先行き不透明感が影響している。

「ニュース」のランキング