産経ニュース

米列車事故、時速約170キロでカーブに進入

ニュース 国際

記事詳細

更新


米列車事故、時速約170キロでカーブに進入

アムトラックの列車脱線事故現場付近のカーブ=13日、米東部フィラデルフィア(AP)

 【ニューヨーク=黒沢潤】米東部ペンシルベニア州フィラデルフィアで発生した全米鉄道旅客公社(アムトラック)の列車事故で、米運輸安全委員会(NTSB)は13日、列車が制限速度の2倍以上にあたる時速約106マイル(約170キロ)でカーブに進入していたと発表した。死者は1人増えて7人となった。

 現場は大きな左カーブで、制限速度は時速50マイル(約80キロ)。ロイター通信によれば、「高度な安全装置」が適用されていない地点だったといい、乗務員がブレーキをかけたのは、事故発生のわずか数秒前だった。

 NTSBは、列車が異常な速度でカーブ区間に進入した原因や、線路の具合、乗員に対する指導法などについて調査する。

 一方、現場ではこの日、激しく損傷した車両の一部をブルドーザーなどで撤去する作業が行われた。車社会の米国で、鉄道路線としてはドル箱であるニューヨーク-ワシントン路線がほぼ中間のフィラデルフィアで運休に追い込まれたことで、旅客への影響が広がった。

 東部デラウエア州選出の上院議員出身で、首都と地元との往復にアムトラックを8千回程度利用したというバイデン副大統領は、「多くの人々と同様、アムトラックは私にとって第2の家族のようなものだ」と述べるとともに、犠牲者の遺族に哀悼の意を示した。

このニュースの写真

  • 米列車事故、時速約170キロでカーブに進入
  • 米列車事故、時速約170キロでカーブに進入

「ニュース」のランキング