産経ニュース

【ウイークリーワールド】最新鋭軍事ヘリ「アパッチ」無断見学“事件”で台湾メディア過剰ゴシップ報道 日本人も「情報要員」と報じられ

ニュース 国際

記事詳細

更新

【ウイークリーワールド】
最新鋭軍事ヘリ「アパッチ」無断見学“事件”で台湾メディア過剰ゴシップ報道 日本人も「情報要員」と報じられ

アパッチの“無断”見学の様子を伝える女性芸能人のフェイスブック。敬礼を崩したポーズを真似する人が相次いだ

 台湾の陸軍で、米国製最新鋭攻撃ヘリAH64Eアパッチの無許可見学が発覚、メディアが連日報道し一時は国防部長(国防相に相当)が辞意を漏らす騒動となった。だが、“賞味期限”が過ぎると報道はほぼゼロになり、懸念された機密漏洩(ろうえい)がなかったことも小さく報じられただけ。一連の騒動は、テーマによっては過剰にゴシップ紙化する台湾メディアの風潮を浮き彫りにした。(台北 田中靖人)

大はしゃぎ

 「男のコはみんな大はしゃぎ。ホント、格好良過ぎ」

 台湾で「さほど有名ではない」女性芸能人、李●(=くさかんむりに債の貝が円)蓉氏(36)のフェイスブックにこんな書き込みがあったのは3月29日。格納庫内のアパッチの前でポーズを撮ったり、操縦席に乗り込んで笑顔を見せたりする写真5枚がアップされた。

 AH64Eは、台湾の陸軍が中国からの侵攻に備えて2013年末から全30機の予定で導入しているアパッチの最新型。米国以外で保有するのは現在、台湾に限られる。そのアパッチのパイロットで指導教官の中佐(40)が、李氏の家族や知人ら十数人を無許可で基地に招き入れていた。

このニュースの写真

  • 最新鋭軍事ヘリ「アパッチ」無断見学“事件”で台湾メディア過剰ゴシップ報道 日本人も「情報要員」と報じられ

「ニュース」のランキング