産経ニュース

中パ経済回廊に450億ドル 習氏が初訪問、対テロでも協力

ニュース 国際

記事詳細

更新


中パ経済回廊に450億ドル 習氏が初訪問、対テロでも協力

20日、イスラマバードに到着し、出迎えたパキスタンのシャリフ首相(右)と握手する中国の習近平国家主席 (ロイター)

 習氏は、中国を起点に中央アジアから欧州に延びる内陸の「シルクロード経済ベルト」と、東南アジアからインド、中東へと海洋沿いに広がる「21世紀の海上シルクロード」で、鉄道や道路、都市開発を進める構想を唱えており、友好国パキスタンの経済回廊を両者の「合流点」と位置づけた。

 両国は核武装して軍事的に対立するインドをにらんで蜜月関係にある。カシミール地方の開発が進めば、パキスタンによる実効支配が強化される。グワダル港開発は中国がインド洋周辺国で港湾整備を支援する「真珠の首飾り戦略」の一環で、習氏の訪問がインドを改めて刺激したことは間違いない。

 一方、中国にとっての懸念は、回廊整備が進めばイスラム過激派のパキスタンからの流入が加速し、自国の治安を脅かしかねないことだ。このため中国はパキスタンに対し、支援と引き換えに過激派に潜伏先を与えないよう求めてきた。シャリフ政権は昨年、南部カラチ空港が過激派に襲撃された後、対話路線からテロ掃討にかじを切ったが、決断の陰には中国の圧力もあったようだ。

このニュースの写真

  • 中パ経済回廊に450億ドル 習氏が初訪問、対テロでも協力

「ニュース」のランキング