産経ニュース

【本紙前ソウル支局長出国禁止解除】「8カ月は遅すぎる」「民主国家として不完全露呈」…帰国、識者どう見る

ニュース 国際

記事詳細

更新

【本紙前ソウル支局長出国禁止解除】
「8カ月は遅すぎる」「民主国家として不完全露呈」…帰国、識者どう見る

羽田空港に到着し、集まった記者の質問に答える産経新聞の加藤達也前ソウル支局長=14日午後、東京・羽田空港(早坂洋祐撮影)

 8カ月間に及ぶ出国禁止措置が解除されたことを受け、産経新聞の加藤達也前ソウル支局長(現東京本社社会部編集委員)が14日、韓国から帰国した。国際社会からも人道的問題として批判されてきた、長期にわたる出国禁止とその解除について、言論界の識者に聞いた。

ジャーナリストの田原総一朗氏「出国まで遅すぎる」

 「起訴されたこと自体がおかしいのであり、出国禁止措置解除は当然だ。まずはよかったと言いたい。加藤前支局長には、萎縮することなく、これまでと同様の報道姿勢を貫いてほしい。

 ただ、出国を認めるまでに8カ月もかかったのは遅すぎる。起訴が取り下げられたわけでもなく、最初に報じた「朝鮮日報」に何の処分もないことは、やはり異常と言わざるを得ない。

 韓国の世論調査によると、朴槿恵(パク・クネ)大統領の支持率が再び30%台に下落した。反日政策は政権維持に利用されてきたが、国民レベルでは「日本は必要な存在」との認識である上、国際社会からも報道の自由、人道的問題として批判が出されていたため、得策ではないと判断したのだろう」

「ニュース」のランキング