産経ニュース

【痛快!テキサス親父】すべては習主席のさじ加減…危険すぎるAIIB 欧州各国は本性に気付け

ニュース 国際

記事詳細

更新

【痛快!テキサス親父】
すべては習主席のさじ加減…危険すぎるAIIB 欧州各国は本性に気付け

中国の習国家主席は、AIIBで何を狙うのか(AP)

 ハ~イ! みなさん。最近、中国主導で設立準備が進められている、アジアインフラ投資銀行(AIIB)が注目を集めているな。米国と日本は慎重姿勢だが、50カ国以上が参加を表明している。「バスに乗り遅れるな」という意見も聞くが、大丈夫なのか?(夕刊フジ)

 AIIBは、アジア太平洋地域のインフラ整備を支援する国際金融機関で、中国の習近平国家主席が2013年に創設を提唱したものだ。米国と日本が主導するアジア開発銀行(ADB、67カ国加盟)と似ているが、調べてみると、似て非なるものというしかない。

 ADBは、アジア太平洋地域の経済成長、貧困削減、社会開発などを目指して1966年に発足した。米国と日本が最大の出資国で、歴代総裁は日本人だが、公平性を担保するために本部をマニラに置いている。融資対象の事業が、環境破壊や人権侵害を招かないかなど、審査は厳格だ。ちなみに、中国はADBの大債務国でもある。

「ニュース」のランキング