産経ニュース

「独島」副教材に反転写真掲載 米大使襲撃犯が指摘も韓国メディアは見ぬふり?

ニュース 国際

記事詳細

更新


「独島」副教材に反転写真掲載 米大使襲撃犯が指摘も韓国メディアは見ぬふり?

金容疑者(右)と、竹島写真の反転ミスを指摘するブログ

 駐韓米国大使を襲撃した、金基宗(キム・ギジョン)容疑者が逮捕直前、自身のブログに書き込んでいた内容が注目されている。何と、韓国の学校で使用されている副教材に掲載された島根県・竹島(韓国名・独島)の写真が間違っていると指摘し、回収を求めていたのだ。韓国は竹島を不法占拠し続けているが、本当はそれほど関心はないのか。(夕刊フジ

 「でたらめ独島愛」「インチキ教科書を回収しろ!」

 金容疑者は襲撃事件当日の今月5日午前1時25分、ブログに「緊急声明」「われわれの教科書が歪曲された現実」などとして、前出のような激しい言葉で教科書批判を繰り返していた。

 金容疑者が問題視したのは、韓国教育部(文部科学省)が昨年8月、独島教育を徹底するため、小中高校向けに計200万部を配布した副教材のうち、高校1年生向けの『独島を正しく知ろう』(全78ページ)。政府系シンクタンクも編集に携わっていた。

このニュースの写真

  • 「独島」副教材に反転写真掲載 米大使襲撃犯が指摘も韓国メディアは見ぬふり?

「ニュース」のランキング