産経ニュース

【リー・クアンユー氏死去】シンガポール建国の父、91歳で肺炎のため死去

ニュース 国際

記事詳細

更新

【リー・クアンユー氏死去】
シンガポール建国の父、91歳で肺炎のため死去

 シンガポール中心部の大統領府前で、リー・クアンユー元首相に弔意を示すため記帳に訪れた人たち=23日(共同)

 【シンガポール=吉村英輝】シンガポール首相府は23日、繁栄の基礎を築いて「建国の父」と呼ばれた初代首相、リー・クアンユー(李光耀)氏が同日午前3時18分(日本時間同4時18分)、死去したと発表した。91歳だった。重度の肺炎のため、2月5日から治療を受けていた。

 リー氏の遺体は23日、病院から旧首相官邸に移された。25日には国会議事堂に移され、市民が最後の別れを行う。国葬は29日、シンガポール国立大で行われ、各国の首脳経験者らが参列する見通し。政府は29日までを服喪の期間と決めた。

 シンガポールが英連邦自治州になった1959年に初代首相に選出。65年のマレーシアからの分離独立以来、首相を務め、90年まで通算31年にわたり政権を担い、首相引退後も上級相や顧問相として国政運営に強い影響力を維持した。

 シンガポールは、リー氏が独立前の54年に結成した人民行動党(PAP)の実質的な一党支配体制が続き、経済が発展を遂げる一方で言論の自由や政党活動が大きく制限されてきた。

 国政運営は、リー氏の長男であるリー・シェンロン首相ら「第3世代」が集団指導の形で引き継いだが、繁栄の維持と国内の政治、社会改革をどう進めるかが課題。リー首相は23日、国民向けのテレビ演説で、リー氏が資源のない港湾都市に奇跡的な繁栄をもたらした功績を強調した。

このニュースの写真

  • シンガポール建国の父、91歳で肺炎のため死去
  • シンガポール建国の父、91歳で肺炎のため死去

「ニュース」のランキング