産経ニュース

【チュニジア襲撃テロ】「戦士よ、戦争を仕掛けろ」アルカーイダ? イスラム国…残る謎「今は答えない」

ニュース 国際

記事詳細

更新

【チュニジア襲撃テロ】
「戦士よ、戦争を仕掛けろ」アルカーイダ? イスラム国…残る謎「今は答えない」

襲撃事件の現場となったバルドー博物館の入り口前では19日、ローソクが灯され、「テロにノーを」と書かれたプラカードを持った女性らが犠牲者の死を悼んだ(大内清撮影)

 【チュニス=大内清】チュニジアの博物館襲撃事件で、イスラム教スンニ派過激組織「イスラム国」が「犯行声明」を出した。一方で同国のカイドセブシ大統領は、チュニジアやリビアで活動する過激派アンサール・シャリーアの犯行だとの見方を示したほか、別の武装組織の存在も指摘される。事件の背後関係はなおも謎に包まれている。

飛び交う声明

 18日の襲撃事件の約12時間前、ネット上に、チュニジアでのテロを呼び掛ける音声声明が掲載された。「戦士よ、(政府に)戦争を仕掛け暴力を喚起しろ」

 発信者は、同国西部の丘陵地帯を中心にテロを展開する「オクバ・イブン・ナフィア旅団」の幹部。国際テロ組織アルカーイダ系ともイスラム国支持に乗り替えたともいわれる組織だ。

 19日には、主に同旅団が犯行声明などに利用する過激派系ネットメディアの名で、実行犯2人の当日の行動を詳細に説明した文書が出回った。事件に関する同国政府の説明を嘲(あざけ)り、「お前たちの嘘を楽しむため、誰が背後にいるかは今は答えない」としている。

 文書の真偽は不明で、発信元のネットメディアもアンサール・シャリーアとの関連が指摘されるなど、実態は分かっていない。

 さらに、イスラム国は19日の声明で実行犯2人はイスラム国メンバーだと主張。複数グループの声明が飛び交い、事件の真相を一層分かりにくくしている。

「ニュース」のランキング