産経ニュース

たばこ箱の宣伝排除へ 「ロゴ使えないのは知的資産権の侵害」JTなど法廷闘争の構え イングランド

ニュース 国際

記事詳細

更新


たばこ箱の宣伝排除へ 「ロゴ使えないのは知的資産権の侵害」JTなど法廷闘争の構え イングランド

 【ロンドン=内藤泰朗】英下院は11日、イングランドで販売されるたばこの箱のデザインを統一し、健康被害を強調する写真や警告文で喫煙を防ごうという規制法案を賛成多数で可決した。法案は上院も通過する見通しで、来年5月には施行される。日本たばこ産業(JT)など業界側は、ブランドのロゴなどが使えないのは知的資産権の侵害に当たるとして、法廷闘争に持ち込む構えだ。

 オーストラリアが2012年、世界で初めてたばこの箱の宣伝規制を導入。アイルランドでも、同様の法案が通過したばかりで、これで3カ国目となる。ウェールズなど英国の他地域も導入を検討中とされる。

 ロイター通信によると、英たばこ市場の規模は推定290億ドル(約3兆5200億円)。施行されたらメーカーは名称だけしか箱に記載できないようになる。

 世論調査でも7割以上の英国民が規制法案に賛成。反対はわずか15%だった。11日の採決では、保守党を中心に113人が反対したが367人が賛成。英国では12年以降、店頭でのたばこの陳列販売を順次禁じる喫煙抑制策も導入されていた。

「ニュース」のランキング