産経ニュース

メルケル首相発言、韓国で波紋 日本を牽制の一方、「『寛容』を韓国が示さねばならない日が来る」

ニュース 国際

記事詳細

更新


メルケル首相発言、韓国で波紋 日本を牽制の一方、「『寛容』を韓国が示さねばならない日が来る」

ドイツのメルケル首相(代表撮影)

 ドイツのメルケル首相が訪日中の講演などで行った歴史問題に関する発言が韓国で波紋を広げている。10日付の朝鮮日報は社説で、「ドイツは過去と向き合った」との首相発言を引用して日本を牽制(けんせい)する一方、「隣国の寛容な態度がなかったら(和解は)不可能だった」との発言にも触れ、「『寛容』を韓国が示さなければならない日が来る」と指摘した。

 韓国外務省報道官は10日、「寛容」発言について「まずは過去に対する真の反省がなされなければならない」と強調した。(ソウル 藤本欣也)

「ニュース」のランキング