産経ニュース

【駐韓米大使襲撃】朴大統領は「留守中」…またも「安全不感症」 警備要請なく逮捕男に「案内」

ニュース 国際

記事詳細

更新

【駐韓米大使襲撃】
朴大統領は「留守中」…またも「安全不感症」 警備要請なく逮捕男に「案内」

5日、駐韓米国大使の襲撃に使われた果物ナイフ=ソウル(共同)

 捜査当局の発表によると、キム容疑者は政治団体代表としてこの日の朝食会が開かれるとの案内を受けていたほか、米国大使館から警備要請がなかったとしている。だが、ただでさえ米韓関係がぎくしゃくする中、米要人への襲撃を防げなかったのは韓国当局の失態であり、責任問題に発展するのは避けられない。

 韓国では、昨年4月の旅客船セウォル号沈没事故をはじめ大きな事故や事件が繰り返された。背景について韓国メディアは、国民の「安全不感症」に原因があると警鐘を鳴らしてきた。この「安全不感症」が国家レベルまで広がっているとしたらゆゆしき事態といえる。

このニュースの写真

  • 朴大統領は「留守中」…またも「安全不感症」 警備要請なく逮捕男に「案内」
  • 朴大統領は「留守中」…またも「安全不感症」 警備要請なく逮捕男に「案内」
  • 朴大統領は「留守中」…またも「安全不感症」 警備要請なく逮捕男に「案内」
  • 朴大統領は「留守中」…またも「安全不感症」 警備要請なく逮捕男に「案内」

「ニュース」のランキング