産経ニュース

戦艦武蔵をフィリピン中部海底で「発見」 米MS共同創業者が潜水調査 「菊の紋章、巨大な錨」

ニュース 国際

記事詳細

更新


戦艦武蔵をフィリピン中部海底で「発見」 米MS共同創業者が潜水調査 「菊の紋章、巨大な錨」

ポール・アレン氏が短文投稿サイト「ツイッター」に掲載した、戦艦武蔵としている船首部分(下)と漢字が刻印されたバルブ

 【シンガポール=吉村英輝】米マイクロソフトの共同創業者で資産家のポール・アレン氏は3日までに、太平洋戦争で撃沈された戦艦武蔵の船体をフィリピン中部シブヤン海の海底で発見したと、短文投稿サイトのツイッターで明らかにした。水深約1000メートルの海底で同氏の潜水調査機が見つけたという。

 掲載された船首とみられる写真には、「菊(の紋章)と巨大な錨(いかり)」と説明がついているほか、バルブの写真では「開」「主」などの文字が確認できる。艦載機射出機などの映像も公表するとしている。

 海洋安全保障の研究などを行う公益財団法人「水交会」(東京都)は、武蔵の船体発見は「聞いたことがない」とし、関係者による映像の確認が必要とした。武蔵は昭和19年10月24日、シブヤン海で米軍機の攻撃を受け沈没。乗員約2400人中、猪口敏平艦長以下約1000人が死亡した。

「ニュース」のランキング