産経ニュース

台湾2・28事件式典で台北市長、馬総統と握手拒否 

ニュース 国際

記事詳細

更新


台湾2・28事件式典で台北市長、馬総統と握手拒否 

28日、台北市内で開かれた二・二八事件の記念式典であいさつした後、馬英九総統(右、後ろ姿)の握手を拒否し、自席に戻る台北市の柯文哲市長(田中靖人撮影)

 【台北=田中靖人】中国国民党政権が台湾住民を弾圧した1947年の「2・28事件」から68年の28日、台北市内で追悼式典が開かれ、遺族代表として初参加した台北市の柯文哲市長が、国民党の馬英九総統との握手を拒否する場面があった。

 柯市長は祖父が事件の犠牲者で、式典には父母も参加。あいさつでは涙を流し、「(事件は)今日まで社会の分裂をもたらし、柯家3代や多くの被害者家族の苦しみを生んだ」と何度も言葉を詰まらせた。

 馬総統は「事件の教訓は忘れない。台北市には中央と協力して社会の和解を進めてほしい」と訴え、柯市長のあいさつの後と式典後の2度、握手を求めたがいずれも拒まれた。

 事件は47年2月28日から台湾全島で起きた国民党統治への抗議行動。行政院(内閣に相当)は92年、武力弾圧などによる犠牲者を1万8千~2万8千人とする推計を公表した。

このニュースの写真

  • 台湾2・28事件式典で台北市長、馬総統と握手拒否 

「ニュース」のランキング