産経ニュース

【シー・シェパード】ポール・ワトソン容疑者が逃亡先のパリで結婚 フランス身柄拘束せず

ニュース 国際

記事詳細

更新

【シー・シェパード】
ポール・ワトソン容疑者が逃亡先のパリで結婚 フランス身柄拘束せず

シー・シェパード(SS)オランダ支部のフェイスブックで公開された、SS創設者ポール・ワトソン容疑者とロシア出身の女性の挙式記念写真

 南極海調査捕鯨妨害事件を受け、国際刑事警察機構(ICPO)から国際手配されている反捕鯨団体シー・シェパード(SS)創設者、ポール・ワトソン容疑者(64)が14日、逃亡先のフランス・パリで、結婚式を挙げた。

 昨年7月に、SS本部のある米国からパリに移住。ロシア出身の「芸術家」と知り合い、容疑者自身、「恋の街、パリ」「彼女なしの生活など想像できない」などと赤裸々に親密な関係を明かしていた。

 SSの公式サイトなどによると、ワトソン容疑者らはバレンタインデーの14日、パリ・セーヌ川で結婚パーティーを開催し、SSフランス支部の活動家らが参列した。

 ワトソン容疑者は日本と中米コスタリカが逮捕状を用意し、ICPOが加盟国に国際手配。2012年5月にドイツでいったん拘束されたが、公判中に逃亡し、手配書は、身柄の引き渡しを目的とする「赤手配書」に格上げされた。

 調査捕鯨などで日本と対立するフランスは、事実上、ワトソン容疑者の身柄拘束を拒否しているとみられる。日本政府は「捜査上の秘密」を理由に、フランス政府への働きかけをしているかどうかを明らかにしていない。

「ニュース」のランキング