産経ニュース

「欧州の平和を忘れてはならない」 独ドレスデン空襲70年で追悼式典

ニュース 国際

記事詳細

更新


「欧州の平和を忘れてはならない」 独ドレスデン空襲70年で追悼式典

13日、ドイツ東部ドレスデンのフラウエン教会で開かれた空襲70年の追悼式典で演説するガウク大統領(ロイター=共同)

 【ベルリン=宮下日出男】ドイツ東部ドレスデンが第二次世界大戦中、連合軍の大規模空襲を受けてから70年を迎えた13日、現地で追悼式典が行われた。式典にはガウク大統領や生存者ら関係者千人以上が出席し、戦争の悲惨さをかみしめながら、平和への誓いを新たにした。

 空襲は大戦末期の1945年2月13~15日に英米軍によって実施され、約2万5千人が死亡した。「エルベ川のフィレンツェ」と呼ばれた古都の大半が廃虚と化した。一般市民に対する無差別爆撃にはドイツ側にも複雑な感情が残る。

 ガウク氏は式典で、「ドイツ人の犠牲者を悼むとき、(ナチス)ドイツの戦争遂行による犠牲者を忘れてはならない」と呼びかけた。英国から出席した英国国教会のウェルビー・カンタベリー大主教は「欧州の平和を二度と忘れてはならない」と訴えた。

 式典会場となった市中心部の聖母教会は長年破壊されたままとなっていたが、10年前に世界各国からの寄付で再建され、和解の象徴となっている。

このニュースの写真

  • 「欧州の平和を忘れてはならない」 独ドレスデン空襲70年で追悼式典
  • 「欧州の平和を忘れてはならない」 独ドレスデン空襲70年で追悼式典

「ニュース」のランキング