産経ニュース

【大韓航空騒動】前副社長に懲役1年の実刑判決

ニュース 国際

記事詳細

更新

【大韓航空騒動】
前副社長に懲役1年の実刑判決

昨年12月、韓国国交省の施設に出頭した大韓航空前副社長の趙顕娥被告=ソウル(共同)

 【ソウル=名村隆寛】乗務員のナッツの出し方に激怒し、離陸直前の旅客機を引き返させたとして、航空保安法違反などの罪に問われた大韓航空前副社長、趙顕娥(チョ・ヒョナ)被告(40)の判決公判が12日、ソウル西部地裁で開かれ、趙被告に懲役1年(求刑・懲役3年)の実刑判決が言い渡された。

 また、証拠隠滅などの罪に問われた大韓航空の常務(57)には懲役8月(求刑・懲役2年)、秘密漏洩(ろうえい)罪に問われた国土交通省の調査官(54)には懲役6月、執行猶予1年(求刑・懲役2年)が言い渡された。

 ソウル西部地裁は判決で、「航空機のドアがすべて閉まったときから、(到着して)開くまでが運航中であり、引き返させたのは、運航中の航空機の航路変更に当たる」と判断し、航路は「(離陸後の)空路を意味する」として、引き返しは航路変更に該当しないとした趙被告側の主張を退けた。

 裁判所は趙被告が、「本当に反省しているのか疑問」と指摘、機内で趙被告から暴言や暴力を受けた客室責任者と乗務員の苦痛は大きく、この2人が趙被告の謝罪を受け入れていないことなどを実刑判にした理由として挙げた。

 一方で、趙被告が乗務員と共謀し、国土交通省の調査に対して社員に虚偽の供述をさせた偽計公務執行妨害については無罪とした。

このニュースの写真

  • 前副社長に懲役1年の実刑判決

「ニュース」のランキング