産経ニュース

【けいざい独談】韓国・現代自、燃料電池車「700万円値下げ」の愚策 トヨタへの“異常な対抗心”がもたらした前代未聞の価格設定

ニュース 国際

記事詳細

更新

【けいざい独談】
韓国・現代自、燃料電池車「700万円値下げ」の愚策 トヨタへの“異常な対抗心”がもたらした前代未聞の価格設定

 韓国の自動車最大手、現代自動車が燃料電池車(FCV)の販売価格を4割以上も引き下げ、業界の関心を集めている。昨年12月にトヨタ自動車が発売したFCV「MIRAI」への対抗措置とみられるが、自動車の本体価格をほぼ半額に設定するのは前代未聞。FCVは次世代のエコカーの本命といわれるものの、まだ立ち上がったばかりの市場だけに、トヨタを意識した現代自の“安売り”戦略に、「あまりにも短絡的な価格設定」と疑問を呈する関係者は少なくない。

値下げ率43%。1600万円が900万円に

 現代自動車は不思議な会社である。ウォン高の影響などで収益が悪化しているのにもかかわらず、今後4年間で総額81兆ウォン(約8兆7千億円)の投資を決定したり、巨費を投じて新本社ビルの建設を表明したり…。韓国経済において絶大な力を持つ有力財閥系企業であり、またグループの鄭夢九会長によるワンマン経営とはいえ、日本の自動車関係者の1人は「経営に戦略性が感じられない」と指摘する。突然発表したFCVの大幅値下げも、そんな場当たり的な経営のひとつなのかもしれない。

 韓国・聯合ニュースなど複数メディアによると、現代自はSUV(スポーツ多目的車)タイプの燃料電池車「ツーソン」の韓国での販売価格を1億5千万ウォン(約1600万円)から8500万ウォン(約900万円)に引き下げたと発表した。値下げ率は実に43%にのぼる大安売りである。

「ニュース」のランキング