産経ニュース

【主張】イスラム国 全ての手段で壊滅させよ

ニュース 国際

記事詳細

更新

【主張】
イスラム国 全ての手段で壊滅させよ

 ケリー米国務長官はロンドンでの有志連合閣僚級会合後、空爆やイラク軍の地上攻撃でイスラム国司令官の約半数と数千人規模の戦闘員を殺害し、イラクとシリアの3分の1にまで拡大したその勢力を押し戻していると強調した。

 トルコ国境に近いシリアの町コバニが最近、クルド人部隊と有志連合の連携でイスラム国の支配から解放された。掃討作戦は徐々にだが、効果をあげている。

 米国は今月半ばワシントンでテロ対策の国際会議を開く。軍事作戦だけでなくイスラム国への資金や戦闘員の流入、過激思想の拡散を断つ包括的戦略が必要だ。

 加えて、米地上部隊投入論も米政権内外にはある。「イスラム国壊滅」を国際公約にしたオバマ大統領には、そのためのあらゆる選択肢を考慮してほしい。

 首相は国会答弁で、自衛隊が空爆に参加することはなく、輸送、補給支援なども「考えていない」と否定した。だが、「積極的平和主義」を掲げるなら、イスラム国の脅威排除につながる後方支援も検討すべきではないか。

「ニュース」のランキング