産経ニュース

エジプトのムスリム同胞団系グループ、「外国人は出て行け。退去しないと攻撃」と脅迫

ニュース 国際

記事詳細

更新


エジプトのムスリム同胞団系グループ、「外国人は出て行け。退去しないと攻撃」と脅迫

 【カイロ=大内清】エジプトのイスラム原理主義組織ムスリム同胞団の衛星テレビ局「ラバアTV」は「革命懲罰団」を名乗るグループの声明として、エジプト在住の外国人に対し、2011年のデモでムバラク元大統領が退陣してから4年となる2月11日までに国外へ退去しなければ、攻撃対象になると警告した。

 また、エジプトで活動する外国企業に2月20日までの操業停止、各国外交団に2月末までの退去を突き付けた。声明は1月29日付。

 外国人をテロ対象にすると恫喝(どうかつ)することで投資意欲を鈍らせ、同胞団と敵対するシーシー現政権に経済的な打撃を与える狙いもあるとみられる。

 「革命懲罰団」を名乗るグループの規模など詳細は不明だが、地元メディアは、同胞団を通じて声明を発表していることから、このグループを同胞団の傘下組織とみなしている。

「ニュース」のランキング