産経ニュース

昨年3月に不明のマレーシア機、乗客乗員239人全員「死亡」と認定

ニュース 国際

記事詳細

更新


昨年3月に不明のマレーシア機、乗客乗員239人全員「死亡」と認定

 【シンガポール=吉村英輝】マレーシア民間航空局は29日、昨年3月に行方不明となったマレーシア航空機について、同機の乗客乗員239人全員が「死亡したとみられる」と宣言した。不明機の残骸(ざんがい)などは見つかっていないが、墜落したとみられるインド洋の状況などから「事故」と認定し、生存者の見込みはないと判断した。

 宣言を受け、マレーシア航空は遺族らへの補償措置に入る。オーストラリアなどと協力して実施している捜索は継続されるという。

 不明機は、クアラルンプールを離陸して北京に向かっている途中、南シナ海上空で消息を絶った。衛星記録の分析などから、インド洋まで自動操縦で飛行し、燃料切れで墜落したと推定している。

 民間航空局は、墜落したとみられる海域が水深約6千メートルにもおよび、付近に陸地もないことなどから、生存者がいる可能性はないと決定づけた。

「ニュース」のランキング