産経ニュース

【イスラム国殺害予告】後藤さん「自分の責任でイスラム国へ行く」 日本政府、ヨルダンで情報収集急ぐ

ニュース 国際

記事詳細

更新

【イスラム国殺害予告】
後藤さん「自分の責任でイスラム国へ行く」 日本政府、ヨルダンで情報収集急ぐ

シリア北部アレッポで取材活動中の後藤健二さん(インデペンデント・プレス提供)

 【カイロ=大内清】イスラム教スンニ派過激組織「イスラム国」が日本人男性2人の殺害を警告している事件で、昨年10月にシリアへ取材に向かったまま連絡が取れなくなっているフリージャーナリストの後藤健二(47)さんが、取材先だったシリア北部で「自分の責任でイスラム国支配地域へ行く」とするビデオを残した後に行方不明となっていたことが分かった。

 後藤さんや、やはりイスラム国に拘束されたとみられる湯川遙菜さん(42)と親交があるというイラク人コーディネーターの男性が20日、明らかにした。

 男性によると、後藤さんは昨年10月24日、シリア反体制派が掌握している同国北部の村に入り、翌25日、シリア人ガイドの案内でイスラム国の支配地域へ向かった。ビデオはその出発直前に録画した2分程度のもので、後藤さん自身が「イスラム国行きは自己責任」との内容を日本語と英語で説明したという。

 後藤さんのその後の足取りは不明だが、男性は「(後藤さんは)イスラム国に直接、接触しようとする冒険的な取材でミスを犯した」と話している。

 イスラム国は20日、身代金2億ドル(約236億円)を72時間に支払わなければ日本人2人を殺害すると警告するビデオ声明をネット上で発表。日本政府は、中山泰秀外務副大臣が派遣された在ヨルダン日本大使館を拠点として、情報収集を急いでいる。

「ニュース」のランキング