産経ニュース

アフガン戦闘任務完了を宣言、オバマ氏「史上最長の戦争は終結」米軍だけで死者2200人

ニュース 国際

記事詳細

更新


アフガン戦闘任務完了を宣言、オバマ氏「史上最長の戦争は終結」米軍だけで死者2200人

 【ワシントン=加納宏幸】オバマ米大統領は28日、アフガニスタンでの米軍をはじめとする国際部隊による戦闘任務を完了させるとの声明を発表した。来年1月からは北大西洋条約機構(NATO)の同盟国を含め、約1万3千人がアフガン治安部隊の訓練、支援を中心とする任務に当たる。2001年9月11日の米中枢同時テロを受け、同年10月から13年間に及んだ米国史上で最も長い戦争はひとまず終結を迎える。

 ヘーゲル米国防長官も28日発表した声明で、アフガンでの「不朽の自由作戦」を終え、来年1月からは「自由の歩哨作戦」として、アフガン支援に強く関わっていくと強調した。

 オバマ氏は、アフガンに展開するNATO主体の国際治安支援部隊(ISAF)がカブールで現地時間28日に任務終了式を行ったのを受けて声明を発表。「アフガンでの戦闘任務は終わり、米国史上で最長の戦争は責任ある終結を迎える」と宣言した。

 また、オバマ氏は13年間の作戦で「数え切れない米国民の命が救われた」とする一方、「アフガンはなお危険な場所であり続けている」とも指摘。そのため、「限定的な軍事プレゼンス」によって、引き続きアフガン治安部隊への支援や「国際テロ組織アルカーイダの残党に対する対テロ作戦」に当たるとした。

「ニュース」のランキング