産経ニュース

【大韓航空騒動】韓国国交省調査官を逮捕 調査情報漏らした疑い 大韓航空に15年勤務、常務と“ねんごろ”

ニュース 国際

記事詳細

更新

【大韓航空騒動】
韓国国交省調査官を逮捕 調査情報漏らした疑い 大韓航空に15年勤務、常務と“ねんごろ”

 【ソウル=名村隆寛】大韓航空の趙顕娥(チョ・ヒョナ)前副社長が、自社機内で客室乗務員のナッツの出し方に怒り、離陸直前の旅客機を引き返させ責任者を降ろした事件で、ソウル西部地検は26日、国土交通省の調査内容を同社に漏らしたとして、同省の調査官を秘密漏えい容疑で逮捕した。

 逮捕された調査官は大韓航空に15年間勤務したことがある。問題の発覚後、同社の客室乗務本部の常務と数十回にわたり連絡をとり、国土交通省の調査情報を教え、証拠隠滅に協力した疑いが持たれている。調査官は常務ら同社の役員とは親しい仲という。

 常務は大韓航空社員に対し、状況報告の電子メールを削除するよう指示し、国土交通省の調べに虚偽の供述をするよう強要したなど、証拠隠滅の疑いが持たれており、趙前副社長とともに、すでに逮捕状が請求されている。

「ニュース」のランキング