産経ニュース

補選出馬表明の学生運動指導者に痴漢の過去 台湾で波紋広がる

ニュース 国際

記事詳細

更新


補選出馬表明の学生運動指導者に痴漢の過去 台湾で波紋広がる

 【台北=田中靖人】台湾で来年2月に行われる立法委員(国会議員に相当)補選で、無所属で出馬を表明していた「ヒマワリ学生運動」の指導者の一人、陳為廷氏(24)が「痴漢」歴を告白し、波紋が広がっている。野党、民主進歩党は11月末の台北市長選での成功経験から支援を検討。新たな政治の流れになるかが注目されていたが、冷や水を浴びせられた形だ。

 陳氏は21日、自由時報の取材に、2011年7月、バスの車内で、眠っていた女性の胸を触り、警察に付き出された過去を打ち明けた。女性に謝罪して罰金1万台湾元(約3万8千円)を納付し、起訴は猶予された。

 陳氏は有名大学の大学院生で、今春に立法院(国会)を占拠した学生運動で一躍有名になった。早くに両親を亡くし苦学生で知られる。統一地方選で県長(県知事)に民進党の立法委員が当選した苗栗県の補選に出馬を表明。告白は選挙中に暴露されることを恐れたためとみられ、出馬の意思は変えないという。

 民進党は、支援のため候補者擁立の見送りを検討していたが、告白を受けて苗栗県の党支部から「陳氏こそ出馬を取り消すべきだ」と異論が噴出。党中央は24日の幹部会で結論を出せず、決定を先送りした。

「ニュース」のランキング