産経ニュース

【歴史戦 第8部 南京「30万人」の虚妄(1)後半】中国中央テレビに登場した元朝日記者「“虐殺”の記憶」今も説き続け…

ニュース 国際

記事詳細

更新

【歴史戦 第8部 南京「30万人」の虚妄(1)後半】
中国中央テレビに登場した元朝日記者「“虐殺”の記憶」今も説き続け…

 国家レベルに格上げされた南京事件をめぐる宣伝戦は教育現場だけにとどまらない。江蘇省南京市の「南京大虐殺記念館」は7月、インターネット上で事件を多角的に取り扱ったサイト「国家公祭網」を開設した。疑似的な献花ができるほか、生存者の証言などさまざまな情報を公開している。

 9月に同サイトはスマートフォンのアプリでも見られるようになった。若者への浸透を狙ったものだ。

 7月にはマンガ『南京1937』が出版された。事件の生存者、夏淑琴(85)の証言などが基で、133ページ全編を通じ、旧日本兵が行ったという強姦(ごうかん)や殺戮(さつりく)も含む残虐なシーンが一方的に“史実”として描かれている。

 夏は12月13日に「南京大虐殺記念館」で行われた追悼式典で国家主席、習近平とともに、青銅製の巨大な鼎(かなえ)の追悼モニュメントの除幕に立ち会った。

関連トピックス

「ニュース」のランキング