産経ニュース

韓国で「洗濯機戦争」勃発 LG社長が商売敵サムスンの洗濯機を壊す?! 告訴合戦、出国禁止も

ニュース 国際

記事詳細

更新


韓国で「洗濯機戦争」勃発 LG社長が商売敵サムスンの洗濯機を壊す?! 告訴合戦、出国禁止も

 【ソウル=名村隆寛】韓国の財閥企業サムスン電子の洗濯機をライバル企業のLG電子の社長が壊したとの疑いが浮上し、告訴合戦に発展している。

 独ベルリン市内で9月、市内の店舗に陳列されたサムスンの洗濯機が破損しているのが見つかった。同社は、防犯カメラにLGの趙成珍(チョ・ソンジン)社長が洗濯機の扉を開け閉めしている様子が映っており、「故意に壊した」と主張。趙社長は家電展示会が開かれていたためベルリン入りしていた。サムスンは趙社長やLGの役員、社員ら4人を業務妨害や財物損壊などでソウル中央地検に告訴した。

 LG側は「他社の製品チェックはどの会社でもやっており、趙社長は扉の開き具合を確かめただけ。特定企業の製品を壊すために、役員が海外でそんなことはしない」と反発。12日にはサムスンの役員ら3人を逆に証拠偽造や名誉毀損(きそん)で同地検に告訴した。

 LG側は、「サムスンが(韓国の)メディアに渡した映像では、サムスン社員とおぼしき者が洗濯機に何度も衝撃を与えている。問題の洗濯機と同じ物なら証拠の偽造になる」と主張しており、「サムスンが最近、ようやく証拠物を提出したことは、その可能性があることを示している」としている。

 趙社長は1月上旬に米ラスベガスで開かれる国際家電見本市に出席する予定だったが、出国禁止となったことが22日までに判明。検察の出頭要請を延ばし続けてきたためだという。

「ニュース」のランキング