産経ニュース

CAに熱湯、換気のために非常扉を開け… 「中国人は文明的旅行者たれ」マナー向上に躍起も機内トラブル止まず

ニュース 国際

記事詳細

更新


CAに熱湯、換気のために非常扉を開け… 「中国人は文明的旅行者たれ」マナー向上に躍起も機内トラブル止まず

外遊で中国政府専用機に乗り込む習近平国家主席と彭麗媛夫人。「文明的旅行者であることは国民の義務」と習主席は呼びかけているが、中国人旅行者が騒ぎを起こすのは、まだ日常茶飯事だ=11月19日、シドニー(ロイター)

 旅客機内のトラブルといえば、最近では韓国・大韓航空の「ナッツ・リターン事件」が世界中のメディアをにぎわしたが、その陰で、中国人乗客が絡むトラブルも相次いでいる。この2週間だけでも少なくとも4件起きており、中国国内では「国の恥だ」「厳しく罰すべきだ」などといった声が上がり、大きな反響を呼んでいる。世界各国で中国人旅行者が急増する中、習近平国家主席(61)は常々、中国を大国にふさわしい一流国家にするには「文明的な旅行者」を育てなくてはならないと説き、国家観光局もマナー向上に躍起になっているが、ルール(常識)に慣れるには、まだ時間がかかりそうだ。(SANKEI EXPRESS)

CAに熱湯浴びせる

 中国メディアなどによると、4件のうち特に問題となったのが、11日にタイ・バンコク発中国・南京行きの格安航空エア・アジア機内(乗客・乗員180人)で起きた「カップ麺事件」だ。乗客の若い中国人カップルの女性が離陸直後、カップ麺用の熱湯を持ってきてほしいと客室乗務員に頼んだが、まだ機体が上昇中で傾いていたため、客室乗務員は水平飛行に入るまで待つよう求めた。すると、連れの男性が激怒。ナッツなどの食品類を通路に投げて踏みつけ、乗務員を怒鳴り散らした。

「ニュース」のランキング