産経ニュース

韓国で今度は原発内部情報がネット流出 北朝鮮?ハッカー説や「クリスマスに破壊」脅迫も

ニュース 国際

記事詳細

更新


韓国で今度は原発内部情報がネット流出 北朝鮮?ハッカー説や「クリスマスに破壊」脅迫も

 【ソウル=藤本欣也】大統領府の内部文書流出が明らかになった韓国で、今度は国家の重要な安全保障施設である原子力発電所の内部情報がインターネット上に流出する騒ぎとなっている。国内の原発を運営する企業「韓国水力原子力」のコンピューターがハッキングされたとみられている。

 報道によると、17日に同社職員約1万人の個人情報が流出。18日には月城(ウォルソン)原発の制御プログラムの一部解説書や減速材系統の図面などが流出した。重大資料は含まれていないとされるが、ネット上には「クリスマスに原発が破壊されるかも」などと脅迫めいたメッセージもあり、政府は各原発の保安強化に乗り出した。

 反原発団体や内部の犯行説が浮上する中、朝鮮日報は「今回の事件が危険なのは、北朝鮮や北朝鮮を支持する勢力が関わっている可能性があるためだ」との専門家の見方を伝えた。

「ニュース」のランキング