産経ニュース

【LA発 米国通信】「嘘は必ずバレると日本人は考えるが、相手が何回も嘘を重ねれば“真実”になってしまう」…慰安婦問題の真実を訴える講演会、反日系のトンチンカンな抗議

ニュース 国際

記事詳細

更新

【LA発 米国通信】
「嘘は必ずバレると日本人は考えるが、相手が何回も嘘を重ねれば“真実”になってしまう」…慰安婦問題の真実を訴える講演会、反日系のトンチンカンな抗議

会場内に入ってきた抗議男性

 こんな文言がフェイスブックのイベントページに掲載され、120人以上が抗議活動に招待されていたため、主催者側は警戒を強めていたが、実際に会場に足を運んだのは10分の1にも満たなかったわけだ。

嘘積み重ね“真実”に

 慰安婦像や碑の設置に反対する署名をネット上で集め、提出するなでしこアクションの手法はこれまでも効果を上げてきた。最近では、豪州のストラスフィールド市議会や米加州のフラトン市議会などにも提出され、設置への勢いをそぐことに貢献している。

 山本さんは講演で、「女性の人権に反対したことはない。私は『リビジョニスト(歴史修正主義者)』というレッテルを貼られるのですが、間違った歴史を、『間違っている』といっているだけです」と述べた。

 一方、論破プロジェクトの藤井さんは今年1月のフランス・アングレーム国際漫画祭で、韓国側が50本の慰安婦漫画を展示すると発表したことを受けて、「慰安婦の強制連行はなかった」とする漫画を対抗して出展しようとしたことで知られる。結局、藤井さんの試みは「政治的」とみなされ、漫画が主催者側に撤去されたが、韓国側の漫画は展示された。

このニュースの写真

  • 「嘘は必ずバレると日本人は考えるが、相手が何回も嘘を重ねれば“真実”になってしまう」…慰安婦問題の真実を訴える講演会、反日系のトンチンカンな抗議
  • 「嘘は必ずバレると日本人は考えるが、相手が何回も嘘を重ねれば“真実”になってしまう」…慰安婦問題の真実を訴える講演会、反日系のトンチンカンな抗議
  • 「嘘は必ずバレると日本人は考えるが、相手が何回も嘘を重ねれば“真実”になってしまう」…慰安婦問題の真実を訴える講演会、反日系のトンチンカンな抗議

「ニュース」のランキング