産経ニュース

【劇場型半島】韓国「文化財闇市場」1000億円にのみこまれる対馬の仏像…盗みを正当化する“愛国”、「日本が返せ」とすり替えられる議論

ニュース 国際

記事詳細

更新

【劇場型半島】
韓国「文化財闇市場」1000億円にのみこまれる対馬の仏像…盗みを正当化する“愛国”、「日本が返せ」とすり替えられる議論

長崎県対馬市の梅林寺から盗まれた高さ約11センチの「誕生仏」(対馬市教育委員会提供)

 韓国の窃盗団によってまた対馬の仏像が盗まれた。2年前に盗まれた仏像2体は韓国の司法判断で韓国に留め置かれたまま。11月末の会談で日本側が改めて返還を求めたところ、「韓国から日本に持ち出された文化財は6万7千点以上あり、これらも議論する機関の設置を」と論点をすり替えるような提案がなされた。韓国内でも「2体を返すべき」との声も少なくないが、「ウリナラ(韓国)文化万歳」のナショナリズムの前には、道理が引っ込む不条理がある。(桜井紀雄)

バッシングに懲りて世論迎合?

 新たに盗まれたのは、長崎県対馬市の梅林寺にあった市指定有形文化財の「誕生仏」。11月24日に盗難に遭い、通報で駆け付けた警察官が港で、誕生仏を所持していた自称住職(70)ら韓国人5人を見つけ、逮捕した。うち2人が「売ればカネになる」と供述したという。

 2012年10月にも、対馬市の寺と神社から国の重要文化財を含む仏像2体が盗まれ、韓国に持ち出される事件があっただけに、韓国でも「仏像の返還問題が韓日外交の争点になっている中、再び韓国人の窃盗事件が起きた」と衝撃をもって報じられた。

 12年に盗まれた仏像のうち1体について、本来の所有者を主張する韓国の寺の請求で、韓国の地裁が昨年2月、「日本が正当に持ち出した証拠がない限り、返してはならない」と、日本への返還を差し止める仮処分を決定。2体は韓国の国立文化財研究所に「接近禁止」の札を付けられ、保管されている。

このニュースの写真

  • 韓国「文化財闇市場」1000億円にのみこまれる対馬の仏像…盗みを正当化する“愛国”、「日本が返せ」とすり替えられる議論

「ニュース」のランキング