産経ニュース

【香港民主派デモ】学生リーダーの母は日本人 「香港の未来を守りなさい」と応援

ニュース 国際

記事詳細

更新

【香港民主派デモ】
学生リーダーの母は日本人 「香港の未来を守りなさい」と応援

20日、デモが続く香港中心部の金鐘に立つ平井悦子さん(河崎真澄撮影)

 【香港=河崎真澄】香港で選挙制度の民主化を求めて50日以上も続く異例の街頭占拠デモを懸命に応援する日本人女性がいる。1992年から香港に住み、香港人の夫との間に生まれた大学生の息子が、デモを主導する学生団体のリーダーを務める長崎市出身の平井悦子さん(44)だ。20歳の未来(みお)さんに、「民主社会である香港の未来を守ることがあなたの運命」と話し、日本語教師のかたわら、自らも毎日、占拠現場を訪れる。

 「負傷しないか心配だったが、すごく誇らしい気持ちにもなった」。民主派学生の抗議が強まっていた9月、夫とテレビでニュースを見ていた悦子さんは、警察隊とにらみあうデモ隊の先頭にいた息子の姿を画面にみつけ、声を上げた。

 香港バプテスト大学の1年生だった未来さんが、今年の春、立候補して学生会長に就任したのは知っていたが、民主化要求のデモ隊を率いる活動までしているとは知らなかった。ロンドン留学時に知り合った夫の陳国強さん(48)は地域の民主化活動に熱心。家族そろって陳氏を助けてきたことが、未来さんに影響したという。

 悦子さんは97年の中国返還前と比べ、「警察など行政機関の規律が乱れ、透明度が悪くなった」と感じている。「一国二制度といいながら言論の自由が制限され始めており、中国共産党政権の波に、香港がのみ込まれる恐怖心が抑えられなくなった」とも話した。

「ニュース」のランキング