産経ニュース

【韓国旅客船沈没】セウォル号船長に懲役36年の判決 「殺人」は無罪 遺棄致死傷罪などで 

ニュース 国際

記事詳細

更新

【韓国旅客船沈没】
セウォル号船長に懲役36年の判決 「殺人」は無罪 遺棄致死傷罪などで 

旅客船セウォル号沈没事故の判決公判で、バスで光州地裁に向かうイ・ジュンソク被告=11日、韓国・光州(聯合=共同)

 【ソウル=名村隆寛】韓国南西部沖で4月に起きた旅客船セウォル号の沈没事故で、乗客を救助せずに脱出したとして殺人罪などに問われた船長のイ・ジュンソク被告(69)ら乗組員15人への判決公判が11日、光州地裁で開かれ、同地裁はイ被告に遺棄致死傷罪などで懲役36年の判決(求刑・死刑)を言い渡した。殺人罪は認めなかった。

 負傷した同僚を見捨てて逃げたとして殺人罪に問われていた機関長については同罪を適用し、懲役30年(同・無期懲役)を言い渡した。また遺棄致死罪などに問われていた1等航海士に懲役20年(同)、他の乗務員12人に懲役15~5年が言い渡された。

 検察は求刑で、イ被告が船内待機を放送で命令し救助措置をとらず先に船外脱出したとし、殺人罪の成立を主張。イ被告は「待機命令後、脱出命令の放送も流すよう乗組員に指示した」とし、乗客が死んでも構わないという「未必の故意」を否定していた。

 判決は「検察の提出証拠だけでイ被告が乗客らを死亡させると認識していたとみるのは困難」とし、イ被告の主張を認めた。一方、機関長については「不作為による殺人」とした。

 判決に対し遺族らは強く反発。韓国メディアによると、傍聴席からは「何人死亡したと思っているのか」「(刑が軽過ぎて)むしろ(イ被告らを)釈放してくれ」との非難もあった。

 事故は4月16日に発生。修学旅行中の高校生ら295人が死亡し、9人が依然、行方不明となっているが、事故発生以来続けられてきた海中での捜索は11日で打ち切られた。

 海洋水産省によると、今後は船体引き上げに向けた技術的な問題を検討する。不明者の家族は同日、捜索打ち切りを了承する考えを示した。

このニュースの写真

  • セウォル号船長に懲役36年の判決 「殺人」は無罪 遺棄致死傷罪などで 

「ニュース」のランキング